BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント ダブルDハンドル エクササイズマシンアタッチメント エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット クリアランスsale!期間限定! スポーツ&アウトドア , フィットネス・トレーニング , エクササイズグッズ,10338円,kba.conservation.or.jp,BYOTINE,/indissociable567343.html,Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント スポーツ&アウトドア , フィットネス・トレーニング , エクササイズグッズ,10338円,kba.conservation.or.jp,BYOTINE,/indissociable567343.html,Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント 10338円 BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント スポーツ&アウトドア フィットネス・トレーニング エクササイズグッズ 10338円 BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント スポーツ&アウトドア フィットネス・トレーニング エクササイズグッズ BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント ダブルDハンドル エクササイズマシンアタッチメント エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット クリアランスsale!期間限定!

BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント ダブルDハンドル エクササイズマシンアタッチメント エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット クリアランスsale 期間限定 待望

BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント

10338円

BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント

商品の説明

特徴:1.DOUBLE D HANDLE:背中と上半身をエクササイズするのに最適なラットプルダウンアタッチメントです。ジムのケーブルマシン、Tバーの列、およびその他の多くの引っ張り運動で、グリップを閉じる列ハンドルを使用します。これらの優れたジム機器アクセサリーでフィットネスを次のレベルに引き上げましょう!
2.構造:頑丈なステンレス鋼素材で作られています。快適なラバーグリップがサポートと安定性を提供します。
3.特徴:ラバーグリップは、このバーを使用している間、しっかりとした快適なグリップ位置を提供します。保護仕上げにより、ハンドルの酸化を防ぎます。
4.マルチワークアウト:背中、肩、前腕、上腕三頭筋、上腕二頭筋を発達させるための着席列のエクササイズに最適です。ダブルDデザインにより、両腕を同時にエクササイズできます。
5.背中、肩、前腕、上腕三頭筋、上腕二頭筋をエクササイズするための着席ローイングエクササイズに最適です。ダブルDデザインにより、一度に腕を動かすことができます。
仕様:材質:スチール+ゴム
穴の直径:13mm / 0.51インチ
サイズ:18x14x11cm /7.1x5.5x4.3インチ

注:
手動測定による1〜2cmの誤差を許容してください。plsはあなたが値をつける前にあなたが気にしないことを確認します。
異なるモニター間の違いのために、絵はアイテムの実際の色を反映しないかもしれません。ありがとうございます!パッケージに含まれるもの:1xダブルDハンドル

BYOTINE Vバーケーブルアタッチメント、ダブルDハンドル、エクササイズハンドル付きプルダウンアタッチメントセット、エクササイズマシンアタッチメント

今週のTOPニュース

レッスンの定期検診を

Lesson Check Upスタート

ご自身のレッスンの様子を撮影した動画に、ベテラン指導者からの審査・コメントがもらえる「動画型指導実技」が Lesson Check Up(レッスンチェックアップ)として、さらに拡大します! ご自身のレッスン動画に、ベテラン指導者からの審査・コメントがもらえます 詳細

ピックアップ

概要公開:特級ガラ&入賞者記念コンサート

第45回ピティナ・ピアノコンペティション入賞者たちが集合! 各者各様にまた一回り成長した演奏を、ぜひご期待ください。

11/8緊急開催「ショパンコンクール報告会」

ワルシャワからレポートをしてくださった飯田有抄さんに、ショパンコンクールの演奏から見えてきた今の世界のピアノ教育についてお話しいただきます。

カテゴリー