kba.conservation.or.jp,76381円,黒檀,青鋼2,ARITSUGU,純日本鋼,本焼,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具,/antibalm869324.html,名入れ,築地,330mm,柳刃,有次,包丁,柄 kba.conservation.or.jp,76381円,黒檀,青鋼2,ARITSUGU,純日本鋼,本焼,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具,/antibalm869324.html,名入れ,築地,330mm,柳刃,有次,包丁,柄 有次 包丁 受注生産品 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 ARITSUGU 黒檀 名入れ 築地 柄 76381円 有次 包丁 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 築地 ARITSUGU 柄 名入れ 黒檀 ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具 76381円 有次 包丁 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 築地 ARITSUGU 柄 名入れ 黒檀 ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具 有次 包丁 受注生産品 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 ARITSUGU 黒檀 名入れ 築地 柄

有次 包丁 受注生産品 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 ARITSUGU 黒檀 激安超特価 名入れ 築地 柄

有次 包丁 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 築地 ARITSUGU 柄 名入れ 黒檀

76381円

有次 包丁 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 築地 ARITSUGU 柄 名入れ 黒檀

商品の説明

あなたの料理を劇的に変える一本です!味にこだわる築地のプロの料理人も愛用の包丁です。築地有次の青鋼純日本鋼本焼柳刃包丁になります。柄が黒檀仕様になっています。青2鋼を使用した包丁の中では最高級の水焼きの包丁です。本来は関西型の刺身包丁ですが、今は関西、関東にとらわれず一般的に使われています。青2鋼の本焼きは、非常に鋼が固く少し研ぎは大変なところもあるかもしれません。一度刃がつけば、最高の切れ味、長切れを実感できます。サイズは、刃先からマチ(柄と包丁との間にある隙間まで)までの長さになり、刃渡りではありません。 2枚目の写真のように、包丁に名前を入れることもできます。英語、漢字、カタカナなど入れられます。世界中に一つしかない、あなただけの有次の包丁になります。結婚式のお祝い、引っ越しお祝い、お店の開店のギフトに送ってみてはいかがでしょうか? ■内容 :包丁1本、箱 ■種類:青鋼純日本鋼本焼柳刃包丁 ■用途:刺身・寿司用 ■全長 :約490 mm ■刃長さ :約330 mm ■刃幅 :約40 mm ■薄さ :約4 mm ■重さ :約270 g■材質 : 青鋼2 ■角 : 黒水牛 ■柄 : ローズ木 ■硬度 : 62+-。 有次の創業は、1560年。 日本刀造りの技が受け継がれて、今、日本最高峰の包丁の地位を築いています。 鋭い切れ味が鋼の強さと刃先にあります。 よく切れる有次の包丁との出会いは、食材の味を引き出す切り方ができるようになります。そして、料理人の創造力を刺激し、アイデアの幅を広げてくれます。 それが、日本だけでなく、世界の一流の料理人に愛される有次の理由です。 何かご不明な点がございましたら、お気軽にご質問下さい。

有次 包丁 柳刃 本焼 純日本鋼 330mm 青鋼2 築地 ARITSUGU 柄 名入れ 黒檀

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。